生まれつきのアザなどは、複数回の治療が必要になりますが、
異所性蒙古斑(青アザ)、外傷性異物刺入(ケガによる刺青)、太田母斑(青アザ)は保険が適応出来ます。

当院は【Qスイッチルビーレーザー】も設置していますので、
特に上記3つの疾患は2種類のレーザーから患者様に適したレーザー治療が保険適応で治療いただけます。

※扁平母斑(茶アザ)はQスイッチルビーレーザーのみとなります

ピコレーザーは、現時点で世界最高レベルの切れ味を持つ『シミ・肌質改善レーザー』です。
当院は、最新シミ治療器であるピコレーザーの中でも特に高性能であるシネロン・キャンデラ社製 PicoWay(ピコウェイ) を導入しました。
従来のレーザーと比較してもダウンタイムが短く、短期間で効果を実感することができます。
また、色素を微粒子へと物理的に破壊する、熱によらない最新の技術により傷の治りが早く安全と言われています。

従来のQスイッチルビーレーザーは黒や茶、青色には効果がありますが、他の色に対しては効果が乏しいです。
それに対して、ピコウェイレーザーはすべての色素に対応し、皮膚ダメージも少ないとされています。
ピコウェイは、シミを除去する革新的な最先端レーザー治療です。

ピコウェイレーザーの「ピコ」とはレーザーの光が出されている時間の単位を表す数字です。
ピコウェイは、シミ・そばかす・あざ・刺青治療で一般的なQスイッチレーザーの照射時間「ナノ秒(10億分の1秒)」よりはるかに短い「ピコ秒」単位で照射します。
《1ピコ秒=1兆分の1秒》で、ピコウェイレーザー治療では光エネルギーを超短のパルス幅(500ピコ秒未満)で肌に伝達することで安全に治療、効果が期待できます。

ピコウェイレーザーはピコ秒単位でのレーザー照射のため、光エネルギーがお肌に当たっている時間が極めて短く、痛みも軽度で、熱による火傷などが起こりにくいのも大きな特徴です。
照射時間が極めて短いことで、熱発生がほとんどなく、痛みや皮膚へのダメージ(照射後の赤み・黒ずみ)が最小限に抑えられます。

従来のレーザートーニングの進化版です。肌に優しいマイルドな設定で全体照射します。
顔全体の色調をトーンアップし、高いブライトニング効果を発揮します。
メラニン色素を少しずつ分解・排出していくため、刺激で悪化しやすい肝斑やシミ治療に効果的で肌全体のくすみを取り除きます。

フラクショナル照射は、肌を傷つけずに、真皮のコラーゲンを増加させる効果が期待できます。
レーザー光をフラクショナル(小さな点)状に照射することで皮膚表面を傷つけずに、表皮や真皮に作用します。
ニキビ跡の凸凹や小さいシワ、毛穴の引き締めなどにも効果的です。

従来のフラクショナルレーザーは、皮膚の表皮に極小の穴を開け、皮膚に物理的なダメージを与えることで、肌再生をさせる方法で、照射時の痛みが強かったり、ダウンタイムが発生するというリスクがありました。
ピコフラクショナルでは、レーザーの衝撃派で表皮内に微小の空洞を作ります。
その空洞の刺激で、肌内ではコラーゲン増殖が活性化されエラスチンが再生、皮膚細胞が再生されます。

皮膚に物理的ダメージを与えるますので、しわや毛穴の改善など肌本来の弾力を取り戻しキメを細かくしてくれる効果が期待出来ます。
また、従来のフラクショナルレーザーよりもダウンタイムが圧倒的に短く、小さな点状の内出血は数日~1週間ほど続きますが、かさぶたができません。

シミ、そばかすなどの気になる部分をスポットで照射します。光治療などでは難しい薄いシミにも対応できます。
Qスイッチよりも照射時間が短く熱をほとんど発生しないため、照射後のかさぶたは薄くて剥がれやすいです。
また、スポットサイズが最小2mmまで設定できるのでいびつな形や細かい部位にも対応できます。

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医多数在籍、常時4~6人の皮膚科医が常駐しております。
※東大病院のレーザー外来の医師、レーザー指導医2名、レーザー専門医3名在籍(2020年11月)

渋谷駅前おおしま皮膚科は、2014年3月開院以来、10,157件の豊富なレーザー治療実績で、患者様に支持されております。
(2014年3月1日〜2020年7月31日までの施術件数)

初めて当院をご利用頂く方は予約不要で直接ご来院いただき診察・レーザー照射をしております。
是非お気軽にお越しくださいませ。なお希望者は下記フォームよりご予約も承っております。

受付終了1時間前までにご来院の患者様は受診当日に照射も可能です。
※範囲が広い患者様も基本希望者は当日施術が可能です。麻酔をご希望の患者様はお早目のお時間にご来院お願いいたします。

東京大学医学部附属病院をはじめ多数の大学病院、総合病院の医療連携機関に登録されております。
また当院は東京大学医学部附属病院・虎の門病院の皮膚科医局より医師が派遣されており、難治例は連携して治療しております。

  • 太田母斑(青アザ)、異所性蒙古斑(青アザ)、外傷性異物刺入(ケガによる刺青)は保険が適応出来ます。
  • 当院は【Qスイッチルビーレーザー】も設置していますので、上記3つの疾患は2種類のレーザーから患者様に適したレーザー治療が保険適応で治療いただけます。
    ※扁平母斑(茶アザ)はQスイッチルビーレーザーのみとなります

Q. 痛みはありますか?
  輪ゴムで弾かれたようなバチンバチンとした痛みはありますが、ほとんどの方が耐えれる程度です。

Q. どのくらいの期間で効果を実感することができますか?
  ピコショットは1、2回で効果を感じられますが、トーニングやフラクショナルレーザーは数回受けていただく必要があります。

Q. 当日照射可能ですか?
  麻酔なしですと当日照射可能です。当日照射ご希望の方は午前午後受付終了の1時間前までにお越しください。

  • 妊娠中、または妊娠している可能性がある方
  • 日焼けしている方
  • 日光過敏症の方

レーザー後の注意事項

  • 基本的に当日~シャワー、入浴、化粧可能です。
  • レーザー照射後、ほとんどの方が赤みは出ませんが、出た場合は一時的で数日でひいてきます。
  • 従来のレーザーは赤み、水膨れ、内出血、炎症後色素沈着などの
  • リスクがありましたが、ピコレーザーは従来よりも起きづらいと言われています。
  • ダウンタイムが起きた場合でも、その期間は短いです。
  • 日焼けして黒くなりやすい方や頬部に肝斑が隠れている方はダウンタイムが長くなる可能性があります。
  • レーザー前後の日焼け対策はしっかりとしてください。