医療法人社団 健昇会

皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 形成外科

 トレチノイン・ハイドロキノン療法によるシミの治療

 トレチノイン酸はビタミンA誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍
 です。
 このトレチノイン(レチノイン酸)は、誰でも血液中にごく微量流れて
 いるものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすこと
 はないといわれています。
 トレチノイン(レチノイン酸)は米国でもともとしわ・にきびの治療医薬品
 として、FDAに認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬
 として使用されている実績があります。



トレチノインの作用
1.表皮のターンオーバーが早まり角質をはがします。
2.表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促します(通常4週間での表皮のターンオーバーが
  約2週間に早まります)
3.皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます(ニキビの治療にも使われます)
4.真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には、皮膚の張り、小じわの改善をもたらします。
  また表皮内でのヒアルロン酸の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします。
  トレチノインピーリングで肌の若返り効果も当院では行なっておりますのでお気軽にご相談ください。

ハイドロキノンの作用
メラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニン色素を作るメラノサイトに対して
細胞毒性があります。要は、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。
トレチノイン及びハイドロキノンの組み合わせで日光性黒子、雀卵斑、炎症後色素沈着、肝斑、・ニキビ・
乳輪の黒ずみ・肌のくすみ・毛孔性苔癬など皮膚の浅い部位が主体のシミの治療を行います。
IPLによる光治療、Qスイッチルビーレーザーによるレーザー治療の併用が効果が高い場合もございます。
トレチノイン・ハイドロキノン療法のみだけですと、皮膚の深い部位のシミはとれません。深いシミに関しては
当院ではQスイッチルビーレーザーによる治療をおすすめしております。
深いシミ(太田母斑、遅発性両側性太田母斑、異所性蒙古斑)はQスイッチレーザーですと保険で治療することも
できますのでお気軽にご相談ください。

Q 治療期間は?
A 個人差がある治療ですが3ヵ月ほどで薄くなります。
  肝斑・扁平母斑はこれよりも長くなります。

Q 治療経過は?
A 使い始めて2週間後をピークにカサカサや赤みが生じますが徐々に軽くなっていきます。
  使用開始後、治療部位の皮膚が赤くなり、垢のように皮膚がぽろぽろむけてきます。
  その後、徐々に赤みが増してきますが、シミは薄くなってきます。
  始めの2週間は一番つらい時期ですが、その後お肌が薬に慣れてきて赤みやしみる感じもなくなっていきます。

Q 注意点は?
A あまりに赤みが強いと炎症後色素沈着のリスクがあがるため早めにご相談ください。
  他の治療法を検討させていただきます。
  (多くの病院でトレチノインは炎症後色素沈着を起こさないとうたっている病院もありますが、
  炎症が強ければ当然炎症後色素沈着のリスクはあります)
  難しいものでトレチノインによる赤みはある程度出たほうが効果があるのも事実です。
  ハイドロキノン単剤でも炎症後色素沈着のリスクはあります。
  細胞毒性があるため当然といえば当然です。ハイドロキノンで赤みが出現した場合は塗布を一度中止し
  相談ください。
  またハイドロキノンでは脱色素班がでることがあるため、そのような症状がでた場合はすぐに使用を
  中止してください。

Q 治療中は化粧はしてよいの?
A 問題ありません。特に日焼け止めは絶対です。

Q 塗り方は?
A 当院では患者様の肌質、肌の状態にあわせて外用方法を適宜指示しております。
  特に他院で施行したハイドロキノンによる炎症後色素沈着、脱色素班、トレチノインによる炎症後色素沈着の
  相談を受けることもあり、一元化した外用方法には注意が必要です。

  初めてトレチノイン・ハイドロキノンを使用する方への治療法です。
  1.まず、石鹸で洗顔します。
    肝斑の場合は刺激により色調が濃くなるため強くこすらず優しく洗いましょう。
  2.化粧水を使用します。
  3.トレチノインを、シミよりやや広めに全体的に塗布します(境界が明瞭の場合はしみの部分から
    はみ出さないように使用します)
    はじめは1日2回(朝、晩)ご使用ください。
    赤みが強くなってきたら夜のみ1回お使いください。
    反応、刺激が強すぎる時はトレチノインを休みます。
  4.ハイドロキノンを塗ります。
    広めに塗ると指示している病院が多いですが、当院は炎症後色素沈着、ハイドロキノンによる脱色素班の
    リスクを考慮し、最初はシミの部位のみに塗布するように指示しております。
    ハイドロキノンは必ず朝、夜2回使いましょう。
  5.朝は、日焼け止めクリームもしくはUVカット入りの化粧下地クリームを塗ります。強くこすらずに、
    上に重ねて置く感じで塗ってください(治療中は日焼け止めは絶対にしてください。
    また朝は5.6を化粧水後に使用していただく場合もございます)

ナビゲーション

営業カレンダー

<<< 2017年06月 >>>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
=営業日 =休診日

渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385