医療法人社団 健昇会

皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 形成外科

鶏眼(けいがん)(俗称:ウオノメ) 胼胝(べんち)(俗称:タコ)

 鶏眼は、通常大人の足にできる径5mm程の硬い皮膚病変で、歩行時に激しい
 痛みを伴うのが特徴です。
 中心に芯が見えるので俗にウオノメと呼ばれています。
 一定部位に繰り返し刺激が加わり、角質が厚く芯のようになり、芯が神経を
 圧迫して痛みを生じます。
 子供は一般的に皮膚が柔らかいため、鶏眼ができることが少なく、
 鶏眼と診断された患者の多くはウイルス感染に伴う疣贅(イボ)であることが
 多いです。



胼胝も同様に、皮膚の一部が慢性の刺激を受けて厚くなりますが、鶏眼と異なり、
刺激を受けた部位全体の皮膚が少し黄色味を帯びて盛り上がり、痛みの無いことが多いです。
胼胝は足底以外にも、生活習慣により、身体の様々な部位に生じます
(座りダコ、子供の吸いダコ、ペンダコなど)。

治療

鶏眼の場合、食い込んだ芯をしっかり除去することが必要です。
中心部の芯の部分をメスやニッパー、ハサミなどで切除します。
場合によっては鶏眼の大きさに合わせて切ったスピール膏を貼り、角質を軟らかくした後に処置を行います。
疼痛軽減や再発予防のために、Pedi PAD(ドーナツ型のクッション)などを用いて圧迫除去を行うことも
あります。また、CO2レーザーで角質を焼灼することもあります。
胼胝については、硬くなった角質を軟膏などで軟らかくしたり、スピール膏やハサミやメスなどを用いて
適宜除去します。
これらの疾患は生活指導も重要です。
鶏眼や胼胝の原因である「同部位への慢性刺激」は、不適切な靴や、生活習慣などが原因で生じます。
このような原因をみつけて、可能な限り除去することが最も重要です。
生活習慣を改善しないと再発することが多々ありますが、原因がわかっても実際には除去できない場合も多く
その場合はケラチナミン軟膏やサリチル酸ワセリンで角質を柔らかくしたり、
Pedi PAD(ドーナツ型のクッション)をおいて、局所の刺激を少なくするような工夫も必要です。
胼胝性潰瘍の患者様は糖尿病を併発していることも多く、場合によっては糖尿病内科の受診をすすめます。
日本赤十字社医療センターでは皮膚科、整形外科、糖尿病内分泌科内科でタッグを組んだ創傷ケア外来があり、
多くの胼胝性潰瘍の患者を経験しております。



ナビゲーション

営業カレンダー

<<< 2017年12月 >>>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
=営業日 =休診日

渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385