医療法人社団 健昇会

皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 形成外科

アトピー性皮膚炎

 私自身幼少時から重症アトピー性皮膚炎で苦しんでおり、幼少時から医者に
 なるまで皮膚科、小児科の先生の御世話になりっぱなしでした。
 現在はその面影を指摘されませんし、患者様にお伝えするとびっくり
 されますが、目の周りの色素沈着等は未だに残っております
 (治療によりだいぶ改善しましたが‥)。
 幼少時の頃から、いつか同様の症状で苦しんでいる方のために働きたいと
 思い、小学校の卒業アルバムには将来の夢で『皮ふ科医』と記載して
 おります。
 以上、アトピー性皮膚炎は特に思い入れのある疾患で、当院は治験審査委員会  を通り、中等症から重症のアトピー性皮膚炎成人患者に対する、DUPILUMABの有効性・安全性を治験する、全国30施設のうち1施設に選ばれております。
この治療は今までのアトピー性皮膚炎の治療と全く異なります。海外に続き日本でも治療が始まれば、日本のアトピー性皮膚炎で悩んでいる患者様に新たな治療を提供でき、皮膚科学の発展・貢献につながると信じております。
またRejeneron社が行うアトピー性皮膚炎患者様に対する国際的な評価しシステム、トレーニングプログラム
を研修する等日々知識のアップデートに取り組んでいます。

アトピー性皮膚炎は表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常を伴い、多彩な刺激反応
及び、アレルギー反応が関与して生じます。
慢性に経過する炎症とかゆみをその病態とし、患者様の多くはアトピー素因を持ちます。
①かゆみ
②特徴的な皮疹とその分布
③慢性・反復性の経過日本皮膚科学会の診断基準は、上記3つ全て当てはまるものをいいます。

アトピー素因とは

家族歴
既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)
IgE 抗体を産生しやすい素因などをいいます。
また、適切な治療で多くの場合が小児期に治癒することも多く、成人の場合も適切な治療により症状が
コントロールされた状態に維持されると、自然寛解も期待される疾患であるため、
いかに皮膚症状を良い状態で維持するかが重要です。
ただし患者様によっては成人になっても症状が続いたり、成人になってから発症することもあり、
良い状態で経過をみていく必要性があります。
最近、アトピー性皮膚炎の方の多くが、遺伝的に皮膚の保湿因子の遺伝子異常があることがわかり、
保湿の重要性が再認識されてきています。

症状

様々な症状を呈しますが、いずれも慢性に経過するのが特徴です。

乳児期~小児期

皮膚がいまだ脆弱であり、乳児湿疹や乳児脂漏性皮膚炎等さまざまな皮膚のトラブルが見られるため、
容易にアトピー性皮膚炎と診断するのは避けたほうが良いです。
独特の乾いた皮膚であるatopic dry skinや、おむつの当たる箇所はかえって湿疹が少ないなどの
特徴があります。口のまわり、頬(ほお)、頭にジクジクした湿疹を生じることが多く、
卵、牛乳、大豆などに対するアレルギーもときに関係していますが、食事制限のみではよくなりません。

幼児期-学童期

肘や膝など関節の内側を中心に湿疹がみられ、耳介の下部が裂けるような症状(耳切れ)を呈します。

小児の場合

食物アレルギーが関与している場合があります(ただし、特定のものを食べて症状が悪化することが
明らかな場合は、避けたほうがいいでしょう)。
肘(ひじ)や膝(ひざ)の内側などに、様々な外的刺激が加わって湿疹ができます。
乾燥症状もはっきりしてきます。

思春期以後

成人の場合食物アレルギーが関与していることはほとんどありません。
児童期の湿潤型の皮疹と異なり、思春期以降は乾燥型の皮膚炎を起こすことが多く、
広範囲にわたり乾いた慢性湿疹の症状を呈します。

思春期以降の特徴として

頭皮に大量のフケが出るケースが多いです。
また眉毛の外側が薄くなる「ヘルトゲ徴候」、発赤した皮膚をなぞると、
しばらくしてなぞったあとが白くなる「白色皮膚描記症」、慢性化すると、
鳥肌だったようにザラザラしたものができ、皮膚が次第に厚くなる「苔癬化」、
しこりのあるイボ状の皮疹である「結節性痒疹」、手指に症状が表れ易くなり、
爪元から第二関節あたりが特に酷く荒れやすい「アトピックハンド」、
等特徴のある所見がみられます。

治療

1.炎症をおさえる
皮膚炎に対して副腎皮質ホルモン軟膏(ステロイド軟膏)または免疫調節軟膏(プロトピック軟膏)を
外用します。副腎皮質ホルモン軟膏にはさまざまな強さのものがあり、皮膚炎の程度や部位に応じて
最適なものを選択します。
当院では不必要なステロイド外用剤は使いませんが、メリットがデメリットを上回ると判断した場合は
患者様に説明の上、処方しております。
ステロイド外用剤の使い方、メリット、デメリットはこちらをごらんください。

外用薬は顔、首ではまず第一に毛細血管拡張、皮膚萎縮、色素沈着などの副作用の出にくい
タクロリムス水和物軟膏(プロトピック軟膏)を使用します。
どうしてもタクロリムス製剤のチクチクとしたホテった感じが我慢できない方、
かえってかゆくなるような方には局所の副作用の少ないステロイド外用剤を使います。
症状によっては抗炎症作用を持つ非ステロイド外用剤(スタデルム軟膏・クリーム)、
高純度のワセリンでありプロペト、ヘパリン類似物質を含む保湿軟膏・保湿ローション類
(ビーソフテンローション・ヒルドイドローション・軟膏)、尿素を含有するウレパールなども処方します。

就寝中は副交感神経が優位になるため痒みの程度が強くなります。
このため寝ている間に皮膚炎を掻き壊して悪化させてしまいます。
これを防ぐために抗アレルギー剤(かゆみ止め)を内服します。この薬には皮膚炎を抑える効果もあります。
抗アレルギー剤にはほとんど副作用はありませんが、人によっては昼間に眠くなることがあり、
その場合は抗アレルギー剤の種類を変えて自分に最適なものをみつけます。
IgEが高値の患者様にはIPDカプセルが効果があることもあります。
その他、漢方薬の併用、成人の重症例・難治例では免疫抑制剤であるシクロスポリン、
(ネオーラル)内服や紫外線療法が必要となることがあります。

乳幼児の場合、食物アレルギーが悪化要因となっていることも多く、その検索のために、
採血及びプリックテストを行い原因検索を行います。
乳幼児の血液検査・食物除去試験・食物負荷試験などが必要と考えられる場合は日本赤十字社医療センター、
北里研究所、国立病院機構相模原病院とも連携し治療にあたります。

アトピー性皮膚炎では、日本で一般的に行われているアレルギー検査は即時型のIgE抗体を検査しますが、
遅延型のIgG抗体とIgA抗体も調べることが出来、この3つの抗体には相関関係が無いため、
それぞれを検査することにより、異なる反応が得られる場合があります。
IgG食物アレルギー検査により、従来の血液検査では見いだせなかった食物アレルギーを発見し、
アトピー性皮膚炎の増悪因子を取り除くことでコントロールしやすくします。

患者さんチェックリスト

1 お薬を正しく使いましょう
  皮膚にうるおいを与えるぬり薬、また、かゆみや湿疹を抑えるぬり薬や飲み薬などがあります。
  皮膚にうるおいを与えるぬり薬はお風呂上がりにぬると効果的です。
2 皮膚をいつも清潔に
  入浴、シャワーにより皮膚を清潔に保つ(花粉、汗等アレルギーの原因が付着していると悪化し易い)。
  細菌・真菌・ウイルス性皮膚感染症を生じるリスク因子が高い場合もあり、皮膚をよい状態に保つよう
  留意しましょう。
3 お風呂はぬるめに
  熱いお風呂に入ると、かゆみがひどくなります。お風呂はややぬるめにしましょう。
  また、ナイロンタオルを使ったり、ゴシゴシ洗ったりするのは皮膚に刺激を与えるのでよくありません。
4 掻(か)かないことが大切
  掻(か)かないことが大切 。できるだけ掻かないように努めましょう。また、爪は短く切りましょう。
5 刺激の少ない肌着に
  刺激の少ない肌着に イラスト皮膚を刺激すると、かゆみがひどくなります。
  肌着類などは、なるべく肌にやさしい木綿のものにしましょう。
6 お掃除はこまめに
  お部屋のホコリやダニは病気を悪くする原因の1つになります。
  お掃除をこまめにして、お部屋をいつも清潔に保ちましょう。
  換気にも気を付けましょう(揮発性有機化学物質などの化学的刺激の場合)
7 顔面の症状が高度な例では眼科医の診察を定期的に受ける。
  眼囲の皮疹を掻破、叩打することによって眼病変(網膜裂孔,網膜剥離)を生じうることに留意する。



ナビゲーション

営業カレンダー

<<< 2017年10月 >>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
=営業日 =休診日

渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385