医療法人社団 健昇会

皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

痒(かゆ)み

 痒みは皮膚の表層特有の感覚で、掻きたくなるような、あるいは掻かずに
 おられないような、そして実際に掻破行動を起こす人間にとって最も苦痛な
 感覚の一つです。
 ときには痛み刺激よりもつらいとされ、血が出るまで掻破をしてしまうのは
 ある意味、痒みの刺激を、痒みより辛くない痛み刺激にに切り替えている
 行為ともいえます。
 種々の皮膚科の疾患のみならず内科系の皮膚症状としても発現します。
 従って、痒みの発症機序は単純な単一機構のみでは説明がつかないと
 思われます。
 湿疹など皮膚所見がある場合と有さない場合(皮膚そう痒症)にわけて
 考えます。
◎皮膚所見あり(そう痒性皮膚疾患)
 ほとんどの皮膚疾患は痒みを合併することが多いです。
 代表的な疾患に蕁麻疹、アトピー性皮膚炎・乾皮症、虫刺症・疥癬などの感染症などの湿疹・皮膚炎群、痒疹、
 尋常性乾癬があげられます。
 以下に代表例をまとめます。
●湿疹・皮膚炎
 湿疹・皮膚炎でも原因がはっきりしている場合は、接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹
 などと診断します。
●皮脂欠乏性皮膚炎
 とくに下腿、側腹部を中心に冬季に悪化する皮膚の乾燥に伴う皮膚炎です。
 年配者に頻度が増えてきます。
●痒疹
 急性痒疹、亜急性痒疹、結節性痒疹、妊娠性痒疹などがあります。
 そう痒の強い丘疹、小結節から慢性になると苔癬化を伴います。
●接触皮膚炎
 接触皮膚炎は、アレルギー性接触皮膚炎と、一次刺激性接触皮膚炎に分類されます。
 アレルギー性接触皮膚炎は初回接触では発症せず、感作成立後に同物質に再接触した場合に発症します。
 接触皮膚炎の原因を推測するのはある意味皮膚科の醍醐味とも思われます。
●尋常性乾癬
 境界明瞭な厚い銀白色の鱗屑が付着する紅斑を特徴とします。
 頭部、肘、膝、腰などに好発します。
 乾癬患者が掻破に伴い皮膚所見のないところに皮疹が新生するKöbner 現象があり、
 そう痒からの掻破で皮疹を悪化させるため、痒みに対しての治療も重要です。
●水疱性類天疱瘡
 自己免疫性水疱症の一つです。痒みを伴うことが多く、高齢者に緊満性水疱が散在し、まれに粘膜病変もみられます。
●疥癬
 ヒゼンダニによる角層寄生で痒みの強い疾患の一つです。
●虫刺症
 虫による皮膚症状は以下の3つに大別されます。
 ①刺咬性の虫(ブユ、アブ、ノミ(猫に寄生するネコノミがほとんどである)が原因で多い)
 ②吸血性の虫(疼痛を伴うことが多い)
 ③接触性の虫(代表は有毒毛の接触による。ドクガ(毒蛾)類の代表であるチャドクガはツバキやサザンカの害虫で
  あり、5~6 月と8~9月に被害が多いです。紅色丘疹が多数集簇します。毛虫皮膚炎が疑われた場合は、ガムテープ
  などではく離を繰り返したあとシャワーでよく流すと治療効果がアップします)
●しいたけ皮膚炎
 生のシイタケの摂取後、数時間~数日以内に激しいそう痒とともに浮腫性の線状紅斑を生じます。

◎皮膚所見なし(皮膚そう痒症)
*全身性皮膚そう痒症(全身の皮膚症状のない痒み)
●腎疾患
 慢性腎不全では約30% の患者に痒みを認め、血液透析中の患者のそう痒合併率は80%とさらに増加します。
 ①皮膚末梢神経の分布に異常が生じる
 ②透析膜と血液成分の接触によりサイトカインが産生
 ③透析患者の多くは発汗量や皮脂分泌の低下による角質水分量の低下などが考えられています。
●肝・胆道系疾患
 黄疸患者の約25%には痒みが生じます。
●内分泌・代謝疾患
 甲状腺機能亢進症の痒みの合併頻度は約10%程度です。
 その他では、糖尿病があげられます。また、妊娠後期には皮膚所見を有しない妊娠性皮膚そう痒症がみられ、
 エストロゲンの関与が考えられています。
 出産後軽快しますが、妊娠するごとに再燃します。
●血液疾患
 真性赤血球増多症は約50%に認め、温度に関係なく、水と接触した後に自覚することが多いです。
●悪性腫瘍
 Hodgkin 病の約30%に痒みがみられます。
 そのほか悪性腫瘍患者にそう痒を自覚することがあります。
 *限局性皮膚そう痒症(全身ではなく身体の一部の痒み)
●外陰部そう痒症・肛囲そう痒症
 原因としては、前立腺肥大症、尿道狭窄やトリコモナス症、心因性など様々です。
 男性に多くみられます。
●Notalgia paresthetica
 上背部のTh2~Th6 レベルに痒みをが出現します。
 脊髄神経後根枝が僧帽筋に圧迫されて生じるとされ、灼熱感、チクチク感などの異常感覚を生じます。
 その他
 痒みを引き起こす食物:ヒスタミンやコリンなどの直接的起痒物質を多量に含むサバ、マグロ、サケ、タラ、
 イカ、タコ、エビ、アサリ、ブタ、サラミ、タケノコ、マツタケ、イモ、ホウレンソウ、ナス、トマト、ソバ、
 ワイン、ビールなど。
 痒みを引き起こす食物:間接的に痒身を引き起こす物質であるヒスタミン遊離物質を多量に含む魚介類大半、
 卵白、トマト、イチゴ、チョコレートなど。

ナビゲーション

営業カレンダー

<<< 2017年04月 >>>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
=営業日 =休診日

渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385