医療法人社団 健昇会

皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

脂漏性皮膚炎

 脂漏性皮膚炎は、皮膚の脂分の多い部位に起きる慢性の炎症です。
 皮膚の常在菌であるマラセチアに対するアレルギー反応であることが
 わかっています。
 3ヵ月未満の乳児と、30歳以上の成人に多く発症します。また、女性より、
 若干男性に多く見られます。
 発症すると、皮膚が赤く、かゆみをともなう炎症を起こし、赤く、かさかさ
 します。
 皮膚のターンオーバーが正常より速くなり、過剰な角質が蓄積して
 フケのような状態になるのです。
 症状がよく現れるのは、頭部、鼻や眉毛のあたり、耳の周辺、胸部、股部、
 わきの下などです。

脂漏性皮膚炎の治療

軽症の場合は抗真菌薬の外用が治療の基本となります。
炎症症状が強い場合は短期的にステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬の併用も行います。
漢方薬やビタミン剤(B2,B6等)が効果があることもあります。
常在菌に対するアレルギー反応であるため、脂漏性皮膚炎を完治させる方法はいまのところありませんが、
症状をコントロールし、症状の出ない状態を保つことは可能です。

脂漏性皮膚炎の悪化因子

①ストレス、疲労、寝不足
②洗浄不足による皮脂の貯留
③ビタミン不足、喫煙(タバコ)
④ホルモンバランスの乱れ
⑤便秘



ナビゲーション

営業カレンダー

<<< 2017年01月 >>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
=営業日 =休診日

渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385