医療法人社団 健昇会

皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

手湿疹 手あれ

 ひとくちに手湿疹といっても、手にできる湿疹には進行性指掌角皮症いわゆる
 手湿疹・手あれの他に、掌蹠膿疱症、手白癬、異汗性湿疹、接触皮膚炎等が
 あり、それぞれ治療も原因も異なるため専門医によるしっかりとした見極め、
 検査が必要です。
 それぞれ原因や治療法が異なっており、適切なケア、治療で症状を
 抑えることができます。

進行性指掌角皮症

いわゆる手湿疹・手あれは、洗剤や水をたくさん使うことで手の皮脂がうばわれること、
繰り返し刺激がおこることによって起こってしまう病気で、特に主婦、美容師、飲食店員、
紙幣をよく扱う銀行員などによくみられる病気です。
主に利き手の親指、人差し指、中指の指先から発症し、皮膚が乾燥してはがれ落ち、
さらに硬くなってひび割れたり、指紋がなくなるなどの症状がみられます。
さらにひどくなると両手のひら全体にまで広がってしまいます。
一般に、アトピー素因を持つ人に多くみられ、冬にひどくなりますが、夏にはよくなることが多いです。

症状

多くの場合は利き手の親指、人差し指を中心に指先から軽い角化、乾燥がみられます。

ほとんど全部の指に広がり、潮紅をともなっており乾燥していて肌のきめが粗くなります。
手のひらにも拡大してきます。

赤みやかゆみも伴ってきて、小さな水ぶくれやひび割れもみられ、
手あれから手湿疹の状態にまで進んでいます。
酷い場合には指紋が見えなくなってしまう場合もあります。

手あれの原因

手、指では皮脂腺が少なく、そのかわり角質層が厚くなっていて、保護する役目を果たしています。
その角質層も、石鹸や洗剤などを使って頻繁に水仕事をしたり、指先をよく使ったりしたあとに
お手入れをしないで放っておくと、水分が失われやすくなります。
そこへ、さらに指先に様々なものの刺激が加わると、厚い角質層は弾力性を失い、ひび割れてしまいます。
ですから、手への刺激を少なくするような、ふだんからの心がけが予防には大切です。

チェックリスト

○お薬を正しく使いましょう
 皮膚にうるおいを与える保湿剤、また、かゆみや湿疹を抑える抗炎症剤、症状によっては
 ステロイドの外用やかゆみがひどい場合は抗アレルギー薬の飲み薬などがあります。
○刺激を避ける
 木綿(もめん)の手袋などを着用して、指先を直接刺激しないようにしましょう。
 また、水仕事の際には木綿の手袋の上からゴム手袋などを着用して、直接洗剤に触れないようにしましょう。
 ゴム手袋直接も悪化の原因になることがあり、注意が必要です。
○手を大切に
 できるだけ食器洗いはまとめあらいなどの仕事を減らす工夫をし、
 できるだけ手に負担をかけないようにしましょう。
○手を洗いすぎない
 何度も手を洗うと症状が悪化してしまいます。
 手を洗ったあとには、必ず保湿剤でケアをしてください。
○症状が落ち着いても予防はしっかり
 症状が軽くなったからといって油断は大敵です。
 再発しないためにも、手に刺激となるものは避ける、手を洗いすぎない、手を洗ったあとには
 保湿剤をぬるなどふだんからの心がけが大切です。

ナビゲーション

営業カレンダー

<<< 2017年04月 >>>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
=営業日 =休診日

渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385