フォトフェイシャル - 渋谷駅前おおしま皮膚科

フォトフェイシャル 次世代IPL光治療

光を当てることで、シミ、そばかす、赤ら顔、毛穴の開きなどの肌トラブルを
改善し、肌全体をワンランク美しい状態へアップさせます。
当院は最新のIPL技術と高性能ヘッドを使用しており、皮膚科専門医によるシミ、そばかす、赤ら顔をまず、正確に診断させていただいたあと、個人に合わせたきめ細やかな治療を提供しております。

また他院の同機種レーザーより安い金額設定を目標に治療しております。
なお、そばかすや肝斑と似ている後天性真皮メラノサイトーシスには保険適応でのレーザー治療が当院では可能です。
後天性真皮メラノサイト-しすはIPL光治療では効果が乏しく、そちらは保険でレーザー治療をさせていただいております。
なお他院でソバカス(雀卵斑)と診断されているものに後天性真皮メラノサイトーシス、日光黒子、肝斑の診断であることがとても多く、しっかりとした診断治療をした上ので治療をする必要を感じております。
(本来日本人にはソバカスの頻度は少ないです)。
赤ら顔、シミの原因で保険適応でも治療可能なものもございますので、ご相談ください。

フォトフェイシャルって何?

フォトフェイシャルは光でお肌を美しくする、最先端スキンケアです。
シミ・ソバカスなどお肌のトラブルが気になりだしたかたに、最適な美肌作りを提供できます。
フォトフェイシャルは、お顔全体に有効な光をあてることで素肌が持つ本来の美しさを取り戻し、若々しい素肌に改善していきます。
また、沈着してしまったメラニンに熱ダメージを与えると同時にコラーゲンの再生を活性化させるので、お肌が内側から美しく変わっていくのが実感できます。
施術時間も短く肌へのダメージも大変少ないので、終わってすぐに洗顔やメイクをすることができるのも特徴です。
限られた時間を有効に使ってきれいになりたいと思うかたへ最適なスキンケアといえます。

光でどのように治療されるの?

フォトフェイシャルの光が、肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管など)に当たると、光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットにダメージを与えます。
フォトフェイシャルの光はターゲットのみに反応するため、素肌を傷つけることなく、トラブル部分のみにダメージを与えることができます。ですから、お肌への負担がほとんどありません。
また、この作用によりコラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す繊維芽細胞の働きが活性化され、内側から自然に美しい肌がつくりあげられるのです。

レーザー治療とIPL光治療 スーパーフォトフェイシャルの違い
(当院はどちらも取り扱っております。保険治療でのレーザーも取り扱っております)

  • レーザー治療
    一度の施術で 治療したい肌トラブルによって器械を使い分けます。
    波長を選択しターゲットににピンポイントで光を照射します。
    施術後 レーザーをあてた部分にかさぶたや色素沈着がおこり、施術後、数日から2ヶ月程度のケアが必要になります。
    ただし1~2回で治療終了できます。
  • フォトフェイシャル
    「シミ・ソバカス、赤ら顔、小じわ、毛穴の開き」など全く異なる症状に同時に効果を発揮するように設定できます。
    顔全体の施術が一度に行えます。
    肌へのダメージもほとんどないので、終わってすぐに洗顔やメイクができます。
    1回で効果は実感できますが、レーザー治療よりはマイルドな治療で通常3~4週間おきに5~6回の治療が必要です(施術結果の統計からも3回目の施術で約7割の方が、そして5回目の施術で約9割の方が「フォトフェイシャルの結果に満足し、良くなった」と回答されています)

どんな肌に効果があるの?

  • シミ
    年齢とともに新陳代謝が衰え、色素が沈着してできるシミ。フォトフェイシャルの光で色素が沈着している部分が浮き上がり、数日後には皮膚の代謝でシミが剥がれ落ちます。
    首や胸元、手背、前腕も施術することができます。
    なおシミが後天性真皮メラノサイトーシスの場合は保険診療でQスイッチレーザー治療を当院でさせていただきます。
  • 赤ら顔・血管拡張
    赤ら顔は、顔の毛細血管が広がって見える状態です。
    フォトフェイシャルの光で肌表面に見える余分な血管がダメージを受け、赤ら顔の解消に効果をもたらします。
    保険診療を併用するとさらに効果的な肌の患者様もいますのでご相談ください。
  • 毛穴の開き
    年齢とともに徐々に目立ってくる毛穴の開き。フォトフェイシャルは、開いた毛穴を引き締め、きめのととのった肌に近付けます。
  • 全体
    各肌トラブルによって機器を変えるレーザー治療と違い、フォトフェイシャルの最大の特徴は、顔全体への照射ができ、異なる肌トラブルに同時に効果をもたらすこと、また肌へのダウンタイムがなく、日常生活にほぼ支障がないことがあげられます。
  • シワ
    目尻などの細かいシワにフォトフェイシャルは効果をもたらします。コラーゲン増生作用により、肌の内側からふっくらとハリが蘇ります。

※効果には個人差があります。また他の治療と併用すると効果的な場合もございます。
※フォトフェイシャルは、通常1回約15~20分の施術を3~4週間おきに5回程度行います。

治療の流れ

カウンセリング・診察

  • 診察後、レーザー治療の予約をとっていただきます(同日器械が空いていれば同日治療可能です)
  • レーザー治療前の注意点
    ・なるべく施術前後の過度な日焼けはお避けください。
    ・当日、お化粧をされてお帰りになる方は、メイク用品をご持参ください。
  • 患者様ご自身がフォトフェイシャルをご理解し、十分ご納得いただけるよう、気になる点はできるだけ正確に医師にお伝えください。また、今後の方針などを医師とよくご相談の上、ご不明な点は積極的にお尋ねください。
  • フォトフェイシャルの施術
  • お化粧をきれいに落とした状態で、光を透過する冷たいジェルをお顔または器械に塗り、その上から強い光をあてていきます。
  • 光はカメラのフラッシュをイメージしてください。患者様の目はアイマスクのようなもので保護します。
    光があたると輪ゴムではじかれたようなチクっとした軽い刺激を感じることがございます。個人差もございますが、強い痛みではありません。
  • 乾燥、紫外線によりメラニン色素が沈着して、シミ・ソバカスのできた肌に顔全体にまんべんなくフォトフェイシャルを照射します。
    1回の施術時間は約15~20分程度です。
    肌を活性化させるフォトフェイシャルの光によって、光老化現象に効果を示し、きめの整った肌になります。
  • 施術自体の所要時間は、個人差もございますが約15~20分程度です。前後のメイクやカウンセリングも含めて時間には余裕を持ってお越しください。

施術後

施術が終わりましたら、すぐに洗顔・メイクができます。メイクをされないでお帰りになる方も日焼け止めは必ず塗るようにしてください。

その後のケア

  • 施術後は紫外線対策を行ってください。
  • 数日後、シミやソバカスの部分が濃く浮き出たような感じがする場合がございますが、これは回復にむかっている過程で、通常、数日後にメラニン色素が浮き出て、ぽろっと自然にとれてまいります。
    濃くなるといってもお化粧でカバーできる範囲とお考えください。
  • フォトフェイシャルは1回の施術でも効果を実感いただいておりますが、よりよい効果を得るために、お肌のサイクルを考えて、通常3~4週間に1度、5回以上行うことをお勧めしております。
    レーザー治療などに比べてマイルドな治療ですので、回数を重ねることで、よりよい効果が得られます。
    治療の回数や期間は医師とご相談のうえ、お決めください。

なお、下記にあてはまる方にはフォトフェイシャルはご遠慮いただいております。

  • 妊娠されている方
  • 日焼けをされている方(海、山、ゴルフ日焼けサロン、その他野外でのスポーツなど積極的な日焼けをされた方)
  • 糖尿病、アルコール中毒の方
  • てんかん発作の既往がある方

※日焼け後などに施術を受けると、まれにやけどや色素沈着増強をおこす場合がございます。

営業カレンダー
<<< 2019年09月 >>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
営業日 休診日

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385

Clintal Medley
Call Magazine 渋谷区ドクターズ
ドクターズファイル HiFuCa
Life is love 粉瘤(アテローム)コラム
English-page(Shibuya Ekimae Oshima Dermatology Clinic)|渋谷区の皮膚科の渋谷駅前おおしま皮膚科