皮脂欠乏性湿疹の症状 治療方法について - 渋谷駅前おおしま皮膚科

皮脂欠乏症・乾皮症

皮脂欠乏症とは

いわゆる乾燥肌のことです。

赤ちゃんからお年寄りの方まで幅広い年齢層になりうる疾患です。

皮膚を潤わせる3因子

  1. 皮脂
    皮脂腺から分泌される脂(あぶら)のことです。汗などと混じりあって皮膚の表面をおおい(皮脂膜)、水分の蒸発を防ぎます。
  2. 角質細胞間脂質
    表皮で作られ、角質細胞と角質細胞のすき間をうめている脂のことです。
    角質細胞同士をくっつけるニカワの役割をするとともに、水分をサンドイッチ状にはさみ込み、逃がさないようにします。
  3. 天然保湿因子
    角質層にある低分子のアミノ酸や塩類などのことです。 水分をつかまえて離さない性質を持っています。

皮脂欠乏症の治療方法

基本的には保湿することです。だたし、乾燥だけでなく赤みやかゆみを伴う場合は湿疹の治療が必要です。

乾燥肌と思っていても、鮫肌様のざらつきも湿疹の一種ですので乾燥と湿疹の見極めが必要です。

水虫の種類

保湿の種類でも大まかに分けて3種類、その中でも軟膏、クリーム、ローション、泡、スプレー等タイプも様々です。

形状によって保湿力が高いもの、さらっとしたものがあり、季節や部位によって変えるとよいでしょう。

  1. ヘパリン類似物質
  2. 尿素系
  3. ワセリン
薬の名前 特徴
ヒルドイドソフト軟膏
ルリコン
保湿と血行促進の作用があります。軟膏基材で保湿力が高い
ヒルドイドローション
ラミシール
保湿と血行促進の作用があります。乳液のようなタイプ
ビーソフテンローション
アスタット軟膏
ヒルドイドのジェネリック医薬品です
保湿と血行促進の作用があります
化粧水のようにさらっとしたタイプ
ヘパリン類似物質泡状スプレー
アスタット軟膏
保湿と血行促進の作用があります
泡タイプでべたつきがなく、さらっとしたタイプ
ケラチナミンコーワクリームー
ゼフナートクリーム
尿素には、皮膚の角質層の水分を保持する作用があり保湿力に優れています
また軽度の角質溶解作用(皮膚を溶かす作用)がありますが作用はあくまでも「保湿」が主です
パスタロンクリーム
メンタックスクリーム
尿素が主成分となっており、角質を柔らかくする作用もありますが主な効果は「保湿」で、保湿力に優れています
ワセリン・プロペト
メンタックスクリーム
油脂性の製剤で、水分を通しにくい性質で皮膚の保湿や保護作用があり水分の蒸発を防ぎます

保湿剤の塗り方

保湿剤の塗り方
  1. 手を清潔にして、保湿剤を取ります
  2. 皮膚のしわに沿って、優しく丁寧に塗ります

ティッシュが皮膚に張り付く、または皮膚がテカる程度が適量です お子様には優しくマッサージするように塗ってあげるとよいでしょう

日常生活の注意事項

保湿剤の塗り方
  • 入浴時は熱いお湯、長時間の入浴は避ける
  • 体は優しく泡で洗う
  • お湯だけでは汚れを十分に洗い流せないので、泡立てたもので洗い、洗い残しがないようにしましょう
  • 入浴後5分以内にできいれば保湿する(吸収がよくなります)
営業カレンダー
<<< 2018年12月 >>>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業日 休診日
渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385

Medley
Call Magazine
HiFuCa
Life is love