医療法人社団 健昇会
皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科 形成外科

足白癬 爪白癬 水虫

足のトラブル、爪のトラブルは予想以上につらいことだと思います。
当院では患者様の足をきれいにしたい、爪をきれいにしたいという気持ちに
対して、患者様と一緒になって真剣に治療に取り組ませていただきます。

水虫とは?

水虫とは白癬菌(皮膚糸状菌 ; Trichophyton.rubrum、Trichophyton.mentagrophytes)というカビの一種が皮膚に感染して起こる病気です。
日本人の5人に1人が水虫、10人に1人が爪水虫という統計もでており、皮膚科では非常にありふれた病気です。
爪水虫をきちんと治療をしない限り、すぐに足水虫を再燃してしまい、水虫と一生付き合わなければいけないようになってしまいます。そうならないためにもしっかりと治療した方が良いと考えております
診察では、まず患部の皮膚を採取し顕微鏡検査をします(種類を特定するには菌を培養します)。
白癬菌が見つかると水虫と診断できます。
重要なのは顕微鏡検査です。
足の皮膚が痒くなる疾患、爪が白くなる疾患は多々あり、臨床をみただけでは、いくら経験をつんだ医師でも100%の診断はできません。ただしく顕微鏡で確認しはじめて水虫は診断できます。

水虫のQ&A

Q どの皮膚科で治療をしても一緒ですか?
A 残念ながら顕微鏡検査をしない適当な病院も多々あることから、最低限、皮膚科専門医での治療をおすすめいたします(日本皮膚科学会のホープページから皮膚科専門医MAPでお近くの皮膚科専門医を探してみてください)。
当院では足白癬、爪白癬に対しては通常治療以外に様々な工夫をしております。
爪肥厚・剥離爪には十分に薬剤が浸透しないことから、尿素軟膏(ケラチナミン軟膏)のラップ密閉療法を数日行い、軟化させてからニッパーで切ったり、剃刀で削るなどの工夫をしております。
また経験的に、内服期間中も外用薬を併用したほうが治りが早いです。
ただし併用療法が内服単独より優位であることを示す明確なエビデンスがないため、保険診療上併用を認可しない意見があるのは残念なことです。
爪の外用をよくするために爪をニッパーできったり、木工用小型ドリルで小穴を病爪に開け、外用薬を注入するなどの工夫をしています。
Q 水虫はどこから感染するの?
A 白癬菌の感染源はお風呂場の足ふきマットやじゅうたんなど、いたるところにいます。
水虫の人の皮膚から剥がれ落ちた角質層には、白癬菌がときには数週間も生きたまま残っています。
白癬菌は高温多湿の環境が大好きなので、温度15℃、湿度70%以上になると活発に増殖します。
Q 水虫になりやすい人はいるの?
A 白癬菌には誰もが感染するわけではありません。白癬菌が付着しても菌自体の感染力はそれほど強くありません。
1日1回皮膚を洗えば菌が付着しても感染しないとの報告もあります。
ただし水虫にとって住みやすい環境の持ち主(汗をかきやすい、蒸れやすい革靴、ブーツを履いている人、糖尿病の人等)は、いくらキレイ好きでも感染しやすい状況になります。
一度かかった人は夏など暑い時期は予防的外用を推奨しています。
Q どういうとこにうつるの?
A 白癬菌は皮膚の表面にある角質を好みます。逆に角質以外には住めません。
白癬菌は足以外の場所にも寄生します。一般的にはシラクモ、ゼニタムシ、インキンタムシなどと呼んで区別していますが、医学的には足白癬、手白癬、体部白癬、股部白癬といって、いずれも白癬菌の感染によるものです。
足以外の白癬の多くは、足の水虫から広がっていったものと考えられます。
また、足に水虫のない人でも、猫や犬などのペットから感染して、シラクモやゼニタムシになる人も増えています。
Q 足の水虫のタイプは?
A 足の水虫は、症状や発生の仕方によって、「趾間型」「小水疱型」「角化型(角質増殖型)」の3つのタイプと、これらが進行した「爪白癬」に分けられます。
水虫のタイプの中でも多いのが「趾間型」や「小水疱型」で、皮膚に水ぶくれができるか白くジクジクした状態などになり、その上かゆみが出るので、自分でも水虫とわかりやすいタイプです。
ところが、かかとがひび割れる「角化型」、そして爪の中に菌が入り込む「爪白癬」の場合には、かゆみが少ないために水虫と気づかず放っておきがちです。症状に上のような特徴がみられたら水虫を疑いましょう。
  1. 趾間型(ジクジク型)
    指の間にできる 白くふやけ、ジクジク湿って皮がむけるタイプ です。
    他にもカサカサして皮がむけるタイプもあり、かゆみの程度は様々です。
  2. 小水疱型(ポツポツ型)
    土踏まず、足の外縁、指のつけ根、かかとにでき、水ぶくれができます。
    赤いとかゆみが強いことが多いですがかなるずしも全員にかゆみがおこるわけではありません。
  3. 角化型(角質増殖型/カサカサ型)
    足裏全体の角質が厚くなり、表面がざらざらします。
    白く見えかゆみは少ないです。 冬にひび割れができることもあり、慢性化していて治りにくいため塗り薬以外に飲み薬も併用します。
  4. 爪白癬
    親指の爪にできることが多いです。爪が白く濁り、分厚くなり、もろくなります。
    かゆみは少ないです。
    爪白癬はさらに臨床から、
    ①遠位・側縁部爪甲下型
    ②近位部爪甲下型
    ③白色表在型
    ④全層異形成型
    にわけられます。
    爪白癬も内服治療の併用をおすすめします。
    外用だけで治す場合は爪を角質を柔らかくするお薬を併用したり(ケラチナミンラップ療法)、白くなった部位を楔型にカットしたり工夫をしないと中々治りません。
    当院では外用療法の工夫についてもしっかりと指導させていただきます。
Q 塗り薬による治療法はどういったものがあるの?
A 水虫のタイプによって使い分けます。
水虫が治らなかった原因のひとつに、水虫のタイプに薬が合っていない場合が考えられます。
カンジダに対して抗菌力が強いもの、白癬菌に対して抗菌力が強いものは異なり、適切な外用薬を選択します。
また外用薬には軟膏、液、クリームなどがあり、水虫の種類やタイプによって使い分けています。
Q 塗り薬の塗り方のコツ位は?
A 外用薬は足をきれいに洗ってから塗るようにしましょう。お風呂上りに水分を丁寧にふき取り、その後、皮膚が乾燥してから薬を塗ることがポイントです。とくに入浴後の皮膚はふやけてやわらかくなっているため、成分が浸透しやすくなっています。
もうひとつ注意が必要なのは塗る範囲です。患部だけでなく指全体あるいは足の裏全体にと広めに塗りましょう。
外用薬の効果は2~4週間ほどであらわれます。ただし、皮膚がきれいになったといってもすぐに塗る薬をやめてしまえば再発の原因となります。皮膚がきれいになり、かゆみなどの症状がなくなっても、最低3ヶ月以上は毎日続けるようにしましょう。
また先ほど述べたように予防的外用のケアも重要です。
爪の塗り薬はただ漠然と塗っていても治らないことが多いです。その場合は爪を楔型にカットしたり、爪を柔らかくするケラチナミン軟膏、サリチル酸ワセリンを併用するなど工夫が必要になり、当院でしっかりと指導させていただきます。
Q 家族へはうつるの?
A うつることはあります。ただし、白癬菌は世の中いたるところにいるため、結局はうつったからといって
責任を感じる必要はありません。
感染のリスクを減らすためにできることのリストを記載します。
○足を石けんで丁寧に洗い流し、タオルで水分をふき取ってから薬を塗りましょう。
○室内ばきを履き、床、畳、じゅうたんをこまめに掃除しましょう。
○裸足になるお風呂場周辺は湿度も高く、白癬菌は感染率の高い場所です。
 水虫の人の足専用タオルと足拭きマットを用意し、使用後はよく乾燥させましょう。
○45度になれば白癬菌は死滅しますので、乾燥機を使うか天日干しをしましょう。
 どうしても室内干しになってしまうなら、最後にアイロンをかけるとよいでしょう。
しつこいようですが、白癬菌は世の中いたるところにいますし、5人に1人白癬菌をもっているという現在、
神経質になる必要もないかと思います。
Q 水虫の内服治療はどのようなときに選択するの?
A ただしい外用を選択してもやはり塗り薬だけではごく軽症を除き、限界があります。
ただし悪化予防、他者への感染予防にはなると思います。中等症以上には積極的な内服治療が必要です。
ラミシール内服のエビデンスが最も優れています。
当院では内服治療には塩酸テルビナフィン(ラミシール)、イトラコナゾール(イトリゾール)のパルスから患者様にあわせて使用いたします。
Q 色々お薬を内服していますが、内服薬を飲むことはできますか?
A 爪水虫、足白癬の飲み薬は、併用注意薬、併用禁忌薬があるので注意が必要です。
テルビナフィン塩酸塩(ラミシール)は特に併用禁忌薬葉ありません。
併用注意薬は、シメチジン、リファンピシン、三環系抗うつ薬、デキスロトロメトルファン、黄体・卵胞ホルモン合剤、シクロスポリンです。
イトラコナゾール(イトリゾール)は比較的、併用禁忌薬が多くピモジド、キニジン、ベプリジル、トリアゾラム、シンバスタチン、アゼルニジピン、ニソルジピン、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、バルデナフィル、エプレレノン、ブロナンセリン、シルデナフィル(レバチオ)、タダラフィル(アドシルカ)、アリスキレン、ダビガトラン、リバーロキサバンが併用禁忌となります。
併用注意薬はさらにたくさんあり、内服治療の際はお薬手帳をご持参ください。
Q 内服治療の注意点は?
A テルビナフィン塩酸塩(ラミシール)は肝障害およびその既往者には使用できません。
少なくとも投与前、2、6週後の肝機能検査をおすすめしています。
テルビナフィン塩酸塩(ラミシール)での肝障害は投与2カ月以内にみられることが多いからです。
イトラコナゾール(イトリゾール)には高血圧、不整脈、胃潰瘍、高脂血症、不眠症といった有病率の高い疾患治療薬に相互作用のあるものが多く、要注意です。
Q どのくらいの内服が必要ですか?
A ラミシールでは6カ月、イトリゾールパルス療法では3パルス(1週間内服、3週間休薬)で3ヶ月の治療と
なっております。終了時点で一度経過をみます。
一般に内服終了後も改善していくので、規定の内服期間後、しばらく経過観察をすべきで、延々と処方を続行してはいけません。
ナビゲーション
営業カレンダー
<<< 2018年10月 >>>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
営業日 休診日

渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385