ケミカルピーリング - 渋谷駅前おおしま皮膚科

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは酸などの皮膚に障害を与える液体を使用し、角質や表皮を化学的に溶かすことをいいます。

ケミカルピーリングで、新しい皮膚の再生を促すことにより、日本皮膚科学会でもエビデンスをみとめられた、ニキビ、しみ、小じわの改善はもちろんのこと、

  • メラニンの産生を抑えることで美白効果を発揮。
  • コラーゲン産性を誘導し、シワ・たるみといった肌の張りの回復。
  • より健康で美しい皮膚が戻る若返り効果(skin rejuvenation)。
  • にきび・にきび跡の治療(にきび肌やにきび跡もピーリングを繰り返すことによってかなり改善されます)
  • 毛穴の開きの改善(毛穴の中の確実なピーリング作用が可能な事・真皮にコラーゲン産生が起こる事により、角栓(つまり)毛穴やたるみの毛穴の改善が効果的です)

等様々な効果が指摘されています。

当院では、日本皮膚科学会のガイドラインでニキビ、日光黒子(しみ)、小じわで最もエビデンスレベルが高く推奨されているサリチル酸マクロゴールピーリング及び、グリコール酸ピーリングを行っております。
また当院では一人でも多くの患者様にお気軽にピーリングを利用していただきたいとの願いをこめて、顔面のサリチル酸マクロゴールピーリングを最初から最後までご自身で行うセルフピーリングを都内唯一の格安料金で行っております

月1回のピーリングを、低価格でお気軽に行えるため、仕事帰りや学校帰り、休み時間に是非セルフピーリングをご活用し、健康な肌の維持に役立てていただければ幸いです。
(セルフピーリングご希望の方は受付でおっしゃって頂ければクリニック受診からピーリングを落とすまで15分から20分ほどで終了いたします)

ケミカルピーリングの効果

  • ニキビ、ニキビ痕
  • 薄い色素沈着
  • 肌のくすみ
  • 毛穴の開き
  • 肌荒れ、乾燥した皮膚
  • 薬剤の浸透力を高める効果
  • 老化した皮膚、小じわ(皮膚の若返り)
  • 皮脂や毛穴の角栓もとれるため、ニキビの新生も抑制

グリコール酸ピーリングとサリチル酸マクロゴールピーリングの比較

最も大きな違いは、その簡便さです。
グリコール酸ピーリングは2週間に1回の施術が必要ですが、サリチル酸マクロゴールピーリングは月に1度が基本です。

施術時間もサリチル酸マクロゴールピーリングはグリコール酸ピーリングよりも大幅に短縮されています。
またサリチル酸マクロゴールピーリングはグリコール酸ピーリング特有の、術後の不快感が一切なく直後からお肌のつるつる感を実感していただけます。
またグリコール酸ピーリングにみられるような赤みが出る頻度も低く、ニキビに対する治療成績もグリコール酸ピーリングよりも良いという報告が多いようです。
ニキビ菌に対する殺菌作用に関してはグリコール酸が優位にたっています。またグリコール酸ピーリングの一番のメリットは細かく患者様の皮膚状態にあわせて濃度設定を行えることがメリットです。
症状やライフスタイルに合わせてどちらを選ぶのが良いか患者様と相談して決めていきます。

治療の流れ

  1. 皮膚科専門医による診察
  2. クレンジング・洗顔後にピール剤を顔全体に(ピール剤によっては目の周囲、口の周囲を避けます)塗布します。
  3. 全体になじませ、角質とピーリング剤を接触させます。
  4. 数分放置します。
    (ピーリング中にポワ~っと暖かい感じや、軽くチカチカ(ピリピリ)する感じがあります。痛み等で症状がつらいときはおっしゃってください)
  5. ピール剤によっては)中和剤を塗布します。
  6. その後、全体を拭き取り、荒い流しをします。
  7. 5分ほど氷水に浸したタオルで冷却していただきます。
  8. ローションを塗布して終了になります。

当院では、ピーリング後にエレクトロポレーションやイオン導入、高濃度ビタミンCやトラネキサム酸を効率よく導入をすることもオプションで行っておりますのでお気軽にご相談ください。
ピーリング後は角質が取れているので、より浸透しやすくなります。

ケミカルピーリングのQ&A

Q どれくらいで効果はでますか?
A 1回でも充分効果は実感できますが、お肌の状態によって個人差があります。
多くのかたが3~5回後に満足していただけることが多いです。
Q お肌が弱くてもできますか?
A アトピーの方や重度のニキビの方でも施術できますので、ご安心下さい。ただし肌が弱い方は真皮にまで浸透しないサリチル酸マクロゴールピーリングをおすすめいたします。
Q 痛みはありますか?
A ごくまれに、チクチクしたような刺激を感じる方もいらっしゃいますが、サリチル酸マクロゴールピーリングでは特に強い痛みはありません。
グリコール酸ピーリングでは、灼熱痛、紅斑、まれにびらんもみられることもあります。
サリチル酸マクロゴールピーリングは洗いおとすときにやや痛みがでることもありますが、洗顔後は99%痛みがとれます。
Q お化粧はすぐにできますか?
A 可能です。ただしグリコール酸ピーリングで紅斑が強く出現した場合は12時間は避けていただいたほうがよいです。
Q 注意点はありますか?
A 角質が薄くなっている状態ですので、日焼け止めは必ず塗って頂き、紫外線防御をして下さい。
Q 市販されているピーリング剤との差を教えてください。
A サリチル酸を用いた化粧品や、ピーリング石鹸、ジェルなどが市販で売られていると思いますが、化粧品としてのサリチル酸の許可基準濃度は2%までです。
それ以上のサリチル酸製剤を使用するピーリング剤は医師の調合となります。
当院では30%のサリチル酸を使用しているため、より良い効果が期待ですます。
営業カレンダー
<<< 2019年12月 >>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業日 休診日
渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385

Clintal Medley
Call Magazine 渋谷区ドクターズ
ドクターズファイル HiFuCa
Life is love 粉瘤(アテローム)コラム
English-page(Shibuya Ekimae Oshima Dermatology Clinic)|渋谷区の皮膚科の渋谷駅前おおしま皮膚科