医療法人社団 健昇会
皮膚科 形成外科 小児皮膚科 アレルギー科

酒さ、毛細血管拡張症

酒さとは

中高年の顔面、特に鼻に好発し、赤みと血管拡張が数ヵ月以上持続すること。

赤みだけでなく、ニキビのような丘疹や膿疱も混じってできることもあります。

酒さの種類

酒さの種類は4種類に分けられます。

【紅斑毛細血管拡張症(第1度酒さ)

鼻、頬、眉間、頤に赤みが出現し、次第に毛細血管拡張(赤み)と脂漏を伴うようになります。

寒暖差や飲酒で症状が強くなり、かゆみやほてりの症状がでます。

【紅斑毛細血管拡張症(第2度酒さ)

①の症状が進行すると、部分的ではなく顔全体に症状が広がります。

ニキビのような赤い丘疹や膿疱が出現し、脂漏が強くなります。

【瘤腫型(リュウシュガタ)(第3度酒さ)

丘疹が増え合わさり腫瘤状(できもの様)になり、特に鼻は凸凹に盛り上がり(鼻瘤)赤紫色になってくるのが特徴的です。

【眼型】

眼周りの腫れや結膜炎、角膜炎を生じます。

その他(酒さに似ている疾患)

【酒さ様皮膚炎(ステロイド誘発性皮膚炎)】

ステロイドを顔に長期外用することで、酒さ様に赤み、赤い丘疹、膿疱が生じること。

【顔面播種状粟粒性狼瘡 (ガンメンハシュジュウゾクリュウセイロウソウ)】

20~30代に好発します。

顔、頬、鼻、特に目の下に左右対称に小さい丘疹が多発、膿疱もでき少しかゆみも伴います。

酒さの原因、悪化因子

原因はいまだによくわかっていません。

ですが過度の日光曝露、精神的ストレス、飲酒、刺激物の摂取、肝機能障害などは悪化因子になるといわれています。

酒さの治療方法

酒さは長期的に付き合っていく治療となります。

内服薬

【抗生剤】

抗生剤の長期内服。
特にビブラマイシン、ミノマイシンは抗炎症作用があり赤みを抑え、ニキビのような赤い丘疹や膿疱を伴う酒さに効果的です。
酒さの治療は長期的に付き合っていくことになりますので、長期内服が考えられます。
抗生剤の長期内服は、稀に肝機能障害を起こすことがありますので定期的な採血も必要です。悪化した場合は量を減らしたり、中止します。
また、ビブラマイシンは嘔気、ミノマイシンはめまいやふらつき等の副作用がありますので注意が必要です。

【漢方薬】

漢方名 効果
十味敗毒湯
ジュウミハイドクトウ
体の毒素を排出し、水分や膿を吐き出す効果 次の諸症:酒さ、ニキビ、皮膚炎
桂枝茯苓丸
ケイシブクリョウガン
のぼせて赤ら顔のことが多いもの 次の諸症:ほてり、冷え、むくみ、女性ホルモンの変化に伴うイライラ
清上防風湯
セイジョウボウフウトウ
赤ら顔でときにのぼせがあるもの 次の諸症:にきび、顔面・頭部の湿疹・皮膚炎、赤鼻(酒さ)
黄連解毒湯
オウレンゲドクトウ
体の解毒作用や炎症を抑える作用 次の諸症:にきび、冷え、皮膚炎
荊芥連翹湯
ケイガイレンギョウトウ
細菌の増殖を抑えたり熱や腫れを発散させる作用 次の諸症状:にきび、皮膚炎/td>

【ロアキュタン(自費)】

重症度のニキビに使われるアメリカでは一般的な内服薬です。
ビタミンAのお薬で皮膚上の皮脂腺からの油性成分(皮脂)の分泌を抑え、細菌を減らして炎症を抑え、毛穴のつまりを開く飲み薬です。
酒さにも効果があるとされています。副作用もある薬ですので開始する際は同意書が必要になります。
※ロアキュタンの内服方法、副作用についてはこちらをご参照ください。

外用薬

【プロトピック軟膏】

もともとはアトピー性皮膚炎のお薬で、ステロイドではありませんがステロイドと同様に赤みや炎症を抑える作用が入っているお薬です。
ステロイドとは違い、長期的に外用しても皮膚を薄くしたり、毛細血管拡張の副作用がないお薬で予防として長期的に外用できます。
妊娠中、授乳中の方は使用できませんのでご注意ください。
※プロトピックの外用方法などについてはこちらをご参照ください。

【ロゼックス(自費)】

ロゼックスの有効成分には「メトロニダゾール(Metronidazole)」が使われています。
ニキビにも使われる外用薬で、菌の分裂や増殖を抑え、殺菌作用を発揮します。
ニキビダニや寄生虫といった「菌」が原因の酒さや赤ら顔、ニキビなどにも効果があります。
その他にも抗炎症作用や免疫抑制作用、活性酸素除去作用があります。
妊娠中、授乳中の方は使用できませんのでご注意ください。

レーザー

【 VビームⅡレーザー】

赤みに最も効果があるといわれているレーザーです。

毛細血管拡張症(赤ら顔)に対して効果が強く保険適応となります。
保険のレーザーは3ヵ月に一度のみ保険適応となりますので、その間はVビームフェイシャルといって全顔にあてる自費のレーザーをする方もいらっしゃいます。
保険であっても範囲により料金は異なりますが、約\6,500~\32,000ほどかかりますので照射前に医師と相談し範囲を決めることをお勧めします。自費の場合ですと、Vビームフェイシャルといって全顔で\18,000ほどです。
小範囲や早めの時間に受診していただくと当日施術することも可能なことが多いです。
照射後は一時的に赤みが増しますが、徐々に落ち着いてきます。また、当日からお化粧も可能です。
内服、外用で効果がない方にお勧めの治療ですが、照射している最中も内服外用治療は継続し基本的には併用して治療をしていきます。

営業カレンダー
<<< 2018年11月 >>>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
営業日 休診日

渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385