メトホルミンダイエット|飲み薬を使った肥満治療に関するご相談なら渋谷駅前おおしま皮膚科へ

メトホルミントップ画像

メトホルミンは2型糖尿病の治療薬です。昔から使われている薬ですが、近年では血糖値をコントロールする以外にもさまざまな効果が期待されています。とくに注目を集めているのはメトホルミンを用いた肥満治療です。

ここでは当院の肥満治療について紹介します。内服薬を使った減量治療に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次(クリックで開閉)

メトホルミンとは

メトホルミンは2型糖尿病の治療に使われているビグアナイド系という種類の飲み薬です。 糖尿病治療薬としては60年以上の使用実績がある薬で、食事療法や運動療法をしても血糖値が改善されない場合に処方されています。

メトホルミン

【上:メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「三和」】

【下:メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「三和」】

メコバラミン

メコバラミン 500μg 60錠

当院では、『メトホルミン塩酸塩錠250mg・500mgMT「三和」(製造販売元:株式会社三和化学研究所)』を肥満治療の目的で処方しています。また、当院ではメトホルミンによる副作用を予防するために、ビタミンB12製剤であるメコバラミン錠を処方しています。 (※メトホルミンは2型糖尿病には保険適用ですが、肥満治療の目的で使うときには公的医療保険が適用されない自由診療です。)

メトホルミンの服用が向いている方

  • 過剰な食欲を抑えたい方
  • 引き締まった体を目指したい方
  • これまで他のダイエット方法で失敗した経験がある方

メトホルミンで期待できるダイエット効果

メトホルミンを服用すると、さまざまな働きにより減量効果が期待できます。ここではとくに注目すべきメトホルミンで期待できるダイエット効果について紹介します。

過剰な食欲を防ぐ

メトホルミンはGLP-1ホルモンの分泌量を増やします。GLP-1ホルモンとは、一般的に「痩せるホルモン」とも呼ばれており、満腹中枢を刺激して食欲を低下させる働きがあるホルモンです。メトホルミンの服用によりGLP-1ホルモンの分泌量が増えると、GLP-1の働きによって過剰な食欲を抑えられるため、食事量をコントロールしやすくなります。

満腹感を持続させる

メトホルミンによって分泌量が増えたGLP-1ホルモンは、ぜん動運動を抑制することで食べ物を胃に残りやすくします。消化をゆるやかにすることで食後の満腹感が持続しやすくなり、間食を減らしやすくなります。

糖分を排泄しやすくする

メトホルミンは血液中の糖分を便の中に排出する働きがあります。体に蓄積しやすい過剰な糖分を排出しやすくすることで、期待した効果を実感しやすくなるのです。

筋肉量を増やして引き締まった体に

筋肉の収縮力を上げる働きが期待できるメトホルミンは、ダイエット中に減りがちな筋肉量を維持しやすくなります。またエネルギーを作られやすくして、脂肪の燃焼を促進する働きも期待できます。そのためまるで運動をしたときのような引き締まった体型を目指せるようになるのです。

メトホルミンの飲み方

当院の肥満治療では、以下のような方法によりメトホルミンを使用しています。メトホルミンの服用時期によっては飲み方が変わるため注意して服用してください。 (※メトホルミンは2型糖尿病で国内の承認を受けている薬です。ここで記載している内容は、承認されている効能・効果および用法・用量とは異なります。)

服用1日目~1か月目の使い方

1日2回朝夕に、1回1錠250mgを食直前または食後に服用してください。服用中に気になる症状があらわれたときには、ご相談ください。

1か月目以降の使い方

1日2回朝夕に、1回1錠500mgを食直前または食後に服用する方がほとんどです。しかし体調によってはこれまで通りの1回1錠250mgを続ける方もいます。目安となる治療期間は6か月以上、治療回数は2回以上です。メトホルミンは飲み方や飲むタイミングを誤ってしまうと、治療効果が低下する可能性のある薬です。決められた用法用量を守って正しく服用してください。

メトホルミンの代表的な副作用

メトホルミンを服用することで、さまざまな副作用が起こるかもしれません。ここではメトホルミンの代表的な副作用と、副作用が起こったときの対応方法について紹介します。

胃腸障害

下痢や吐き気・嘔吐、食欲不振、腹痛などの症状があらわれるかもしれません。服用を開始したばかりの頃や、投与量を増やしたときにあらわれやすい副作用です。1~2週間ほど服用を続けると、少しずつ症状はおさまります。

貧血、味覚異常

メトホルミンを長く服用することで起こりやすい症状です。メトホルミンの影響でビタミンB12が不足して起こる副作用だと考えられています。当院ではこれらの副作用を予防する目的で、メトホルミンと一緒にビタミンB12製剤であるメコバラミンを処方しています。

低血糖

メトホルミンだけを服用した場合には、低血糖症状(脱力感、発汗、激しい腹痛など)は起こりにくいとされています。しかしメトホルミンは糖尿病薬のため低血糖症状を起こす可能性はあります。もし低血糖症状があらわれたときには、糖分が入った食べ物や飲み物をとって安静に過ごしましょう。15分過ぎても症状がよくならないときには、もう一度飲食物をとりましょう。

乳酸アシドーシス

ごくまれに強いけん怠感や吐き気、下痢、筋肉痛、過呼吸などの症状があらわれるかもしれません。このような症状があらわれたときには、メトホルミンの服用を中止してすぐに医師までご相談ください。

今回紹介した以外にも、メトホルミンについてのお悩みやご不安、気になる症状があらわれたときにはいつでも当院までご相談ください。

よくある質問

食事を抜いてしまいました。それでもメトホルミンだけは服用した方がいいですか?
メトホルミンを空腹時に服用することは避けてください。空腹時にはすでに血糖値が下がっています。そのためメトホルミンを服用してしまうと、さらに血糖値が低下して副作用である低血糖症状(脱力感、発汗、激しい腹痛など)のリスクが高くなります。もし低血糖症状があらわれたときには、糖分が入った食べ物や飲み物をとって安静に過ごしましょう。15分過ぎても症状がよくならないときには、もう一度飲食物をとりましょう。
メトホルミンを飲み忘れたときにはどうしたらいいですか?
服用予定のタイミングを過ぎてから、すぐ飲み忘れに気がついたときには、予定通りの量を服用してください。次の服用予定時刻が近いときには、飲み忘れた1回分は飛ばして、次から正しく服用してください。飲み忘れたからといって、2回分の量をまとめて服用するのは止めましょう。

副作用・注意事項等

禁忌

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 他に糖尿病の薬を服用している方
  • 経口摂取が困難な方、寝たきりの方など全身状態が悪い方
  • 乳酸アシドーシスの既往歴がある方
  • 16歳未満や75歳以上の方
  • 大量の飲酒をする方
  • 手術前後の方
  • 脱水症状がある方
  • 肝臓・腎臓・心臓・肺機能障害のある方
  • インスリンの絶対的適応がある方
  • 栄養不良の方
  • 下垂体・副腎機能不全の方
  • 推算系球体ろ過量(eGFR)が30mL/分1.73m2未満の場合

副作用

胃腸障害、貧血、味覚異常、低血糖、乳酸アシドーシスなど

注意事項

  • 用法用量を守って正しく服用してください。
  • メトホルミンの服用中はこまめな水分補給を心がけてください。
  • メトホルミン使用中は定期的に検査を受けましょう。
  • 下痢や発熱などにより脱水の恐れがある場合はメトホルミンの休薬をしてください。
  • 下痢、吐き気、筋肉痛、過呼吸、強いけん怠感などの症状が出たときには、メトホルミンの服用を中止して医師にご相談ください。
  • 利尿作用のある薬剤(利尿薬、SGLT2阻害薬など)とメトホルミンを併用するときには、脱水症状に注意しましょう。
  • 腎血流量を低下させる薬剤(NSIDs、利尿薬、レニン・アンジオテンシン系の阻害薬など)の使用により急激に腎機能が悪化するかもしれません。
  • ヨード造影剤を使った検査の前または検査時には、メトホルミンの服用を中止してください。ヨード造影剤の投与後48時間はメトホルミンの服用を再開しないでください。
  • 腎機能が悪化する恐れのあるときにはeGFRの測定が必要です。また肝機能が悪化する恐れのあるときには、肝機能の検査後に医師に確認してから再開してください。

料金

メトホルミンは2型糖尿病には保険適用ですが、肥満治療の目的で使うときには公的医療保険が適用されない自由診療です。

メトホルミン

250mg 60錠(1日2錠内服した場合30日分) ¥1,800(税込¥1,980)
500mg 60錠(1日2錠内服した場合30日分) ¥2,800(税込¥3,080)

メコバラミン

500μg 60錠(1日2錠内服した場合30日) ¥1,500(税込¥1,650)

直接ご来院の場合

診察料 ¥1,000(税込¥1,100)

オンライン診療でご購入の場合

診察料 ¥1,000(税込¥1,100)

郵送料 ¥1,000(税込¥1,100))

オンライン診療をご希望の方は、下記のリンク先で診療予約を受け付けています。

メトホルミンについて

未承認医薬品等(異なる目的での使用)

メトホルミンは医薬品医療機器等法において2型糖尿病の効能効果で承認されていますが、肥満治療目的の使用については国内で承認されていません。

入手経路等

国内の医薬品卸業者より国内承認薬を仕入れています。

国内の承認医薬品等の有無

国内で肥満治療の効能・効果で承認されているビグアナイド系薬剤はありません。

諸外国における安全性などに係る情報

GLP-1受容体作動薬の注射製剤が米国FDAで肥満治療薬として承認されています。



コラム

MORE>>

営業カレンダー
<<< 2024年04月 >>>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
営業日 休診日
渋谷駅前おおしま皮膚科

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町25-18
NT渋谷ビル3F
TEL 03-3770-3388
FAX 03-3770-3385

キッズルームのご案内
新型コロナウイルスの感染症対策を徹底
Clintal
Call Magazine 渋谷区ドクターズ
ドクターズファイル HiFuCa
Life is love 粉瘤(アテローム)コラム
English-page(Shibuya Ekimae Oshima Dermatology Clinic)|渋谷区の皮膚科の渋谷駅前おおしま皮膚科