GLP1 (ジーエルピーワン ダイエット注射) - 渋谷駅前おおしま皮膚科

GLP1
(ジーエルピーワン ダイエット注射)

GLP1注射で重要なことはどのメーカーを何単位注射してその金額なのかということです。

現在多くのクリニックで単位数が書いていない、メーカーが書いていない、ただ販売だけの専門医不在で高額にGLP1を売るクリニックが多数存在しております。

また格安と謳いながら高額なローンを組ませるようなクリニックも多々あると患者様から情報が寄せられております。

当院でもエムスカルプト導入後からの患者様の需要が多く、また多くのクリニックが当院の数倍以上の金額で自費でGLP1注射を出していることで継続が難しいと患者様の要望があり開始するにいたりました。保険診療のクリニックのため流通経路がもともと保険診療の日本の大手の薬剤の卸から入手できるため適正価格で販売可能です。下記が金額となります。

なおGLP‐1注射に関しましては海外ではダイエット注射、肥満治療として効果が認められ推奨されておりますが、日本の糖尿病学会では糖尿病治療目的のみで推奨されております。

当院では週1回のオゼンピック、1日1回のビクトーザを導入しております。ビクトーザが日によっての微調整が可能であり、使いやすいと思われますが、毎日注射が苦手な人はオゼンピックがお勧めです。

院長である私自身使用したことがありますがわずかに胸やけをしたこと以外は副作用がなく、その影響か軽度食欲不振がおこり、やや痩せたという印象です。手軽にできる分お勧めですが、運動及び食事制限も重要と感じております。

なお当院の納入先は東証一部上場企業のSUZUKENよりすべての薬剤を下ろしております。

なお実際受診された患者様は郵送料や代引き手数料はかかりません。

GLP1とは

もともと人の体内に存在し腸から分泌されるホルモンで、主な働きはインスリン分泌を促すこと、血糖を下げることです。

食欲を抑える作用、脂肪を分解することからアメリカではダイエット目的で用いられることが多くなっております。

オゼンピック(GLP1注射)

用法容量

成人の場合、週1回0.25㎎から開始し、4週間投与した後、週1回0.5㎎に増量する。

なお、患者の状態に応じて適宜増減。

ダイエット目的の方は0.5mg程度だが、症状に応じて医師の相談のもと増減する。別途針は不要。

販売価格 (税抜き)

スタータ1か月(0.25mgキット4本)
(針付き・消毒綿付き)
¥20,000
その後の1か月(0.5mgキット4本)
(針付き・消毒綿付き)
¥23,000
診察料 + 郵送料(クール宅急便プラス代引き手数料込み) ¥4,000

ビクトーザ(GLP1注射)

用法容量

通常、成人には、1日1回朝又は夕に皮下注射する。ただし、1日1回0.3mgから開始し、1週間以上の間隔で0.3mgずつ増量する。

なお、患者の状態に応じて適宜増減。ダイエット目的の方は0.6mg程度だが、症状に応じて医師の相談のもと増減する。

本剤は、1日1回朝又は夕に投与するが、投与は可能な限り同じ時刻に行うこと。

胃腸障害の発現を軽減するため、低用量より投与を開始し、用量の漸増を行うこと。

販売価格 (税抜き)

1日0.6mg注射した場合1か月単位(18mg1本)
(針付き・消毒綿付き)
¥22,500
診察料 + 郵送料(クール宅急便プラス代引き手数料込み) ¥4,000

実際に受診される患者様にはオンライン診療プラス郵送料はかかりません。

オンラインでの診察、郵送をご希望の患者様は以下のリンクより予約をいただけます。アプリのインストール等不要でシステム使用料はかかりません。

ご希望の診療時間を選んでいただいた後、その時間帯にクリニックよりお電話を差し上げます。なおクリニックの固定電話以外に携帯電話からお電話をすることもございますので、ご了承ください。

アイコンGLP1オンライン診療予約