GLP-1ダイエット1ヶ月7,700円〜オンライン購入可 - 渋谷駅前おおしま皮膚科

GLP-1(ジーエルピーワン)治療とは

GLP-1注射

現在、大変ご好評をいただいておりお申し込みが殺到しており、日によって[GLP-1オンライン診療]の予約が取りづらく大変申し訳ありません。
再診の患者様は[こちらのお申し込みフォーム]からもご予約が可能です。
また、直接ご来院の場合はご予約は不要です。


GLP-1とは、もともと人の体内に存在し腸から分泌されるホルモンで、主な働きはインスリン分泌を促すこと、血糖を下げることです。

GLP-1注射・内服薬は、血糖値を下げるインスリンというホルモンの分泌を促進したり、食欲を抑えてくれる働きがあります。

食欲を抑えたり、脂肪を分解することからアメリカではダイエット目的で用いられることが多くなっております。

院長である私自身も使用したことがありますが、わずかに胸やけをしたこと以外副作用はなく、その影響か軽度食欲不振が起こりやや痩せたという印象です。手軽にできる分お勧めですが、運動及び食事制限も重要と感じております。

コロナ禍で外出して運動やダイエットをすることが難しい昨今、自宅で続けることができると注目を集めている治療法です。

当院のGLP-1治療

当院ではリベルサス、オゼンピック、ビクトーザ、サクセンダの4種類のGLP-1を導入しております。
他院では1つの薬剤しか販売していないところもありますが、当院では患者様の体質・ご要望に合わせて最適な処方をするため、下記のGLP-1を取り揃えています。

当院のGLP-1は、ご来院・オンラインどちらでもお求めいただけます。保険診療クリニックのため、適性価格での購入が可能です。

当院のGLP-1料金体系

GLP-1治療で重要なことはどのメーカーの薬剤を何単位注射・内服してその金額なのかということです。

現在多くのクリニックで単位数が書いていない、メーカーが書いていない、ただ販売だけの専門医不在で高額にGLP-1を売るクリニックが多数存在しております。

また格安と謳いながら高額なローンを組ませ、そのローンの金額を月々の金額と明示し、患者様を欺くような記載をしたり、最初の1か月のみ格安で無理に契約をさせるようなクリニック、サブスクリプションモデルでありながら解約方法が不明なクリニックも多々あると患者様から情報が寄せられております。

サブスクリプション・定期購入のモデルとは異なり、万が一効果に満足いただけない、途中から体質に合わなくなった場合なども購入の費用以上の金額は一切発生せず、最低利用期間の縛りや解約漏れなどの心配も御座いません。

当院の方針で、全ての自費治療を金銭面で継続ができなくならないよう、コストを抑えて患者様が治療を継続できるよう努力しております。

【都内他クリニックの特徴(例)】

glp1

【当院の特徴】

glp1

なおGLP-1は海外ではダイエット注射、肥満治療として効果が認められ推奨されておりますが、日本の糖尿病学会では糖尿病治療目的のみで推奨されております。

GLP-1治療はこんな患者様にオススメです

  • 自力ではなかなか続かないが、ダイエットを継続したい
  • 内臓脂肪が多い
  • 年齢とともに痩せにくくなってきている
  • 忙しくて時間がととれない、などの理由で運動不足

当院のGLP-1注射・内服(4種類)

GLP-1には数種類の薬剤がありますが、リベルサスオゼンピックが体重減少効果が一番高いことが2021年3月にアメリカの論文で発表されました。(Ther Adv Endocrinol Metab. 2021)
当院では、上記2種類に加えてご自身の体調に合わせて投与量が調整できるビクトーザサクセンダも取り扱っており、合計4種類の中から患者様一人ひとりに最適な処方をいたします。

なお、当院で扱っているGLP-1の薬剤は全てノボノルディスクファーマが製造しております。

リベルサス(1日1回内服)

世界初かつ唯一のGLP-1経口薬で、2021年2月に発売されたばかりの新しい薬です。他のGLP-1と違って注射を打つ必要がなく1日1回錠剤を飲むだけで済み、痛みに弱い・注射を打つのが怖いといった方でもストレスなく継続できます。

販売価格

● お薬代
リベルサス3mg 30日分:30錠 ¥7,000(税込¥7,700)
リベルサス7mg 30日分:30錠 ¥16,200(税込¥17,820)
リベルサス14mg 30日分:30錠 ¥29,800(税込¥32,780)
● オンラインでご購入の場合
診察料 + 郵送料(リベルサスのみご購入) ¥2,000(税込¥2,200)
● 直接ご来院の場合
診察料 ¥1,000(税込¥1,100)

※リベルサスと一緒に他のGLP-1注射をご購入の場合、診察料+郵送料(クール宅急便)は¥4,000(税込¥4,400)となります。
※代引き支払いもしくはクレジットカード支払いは患者様が選択できます。いずれも手数料はかかりません。

用法容量

  • 成人の場合、1日1回最初の食事または飲水の前に空腹の状態でコップ半分の水(約120mL)で1錠内服する。
  • 最初の1ヶ月間は3mgから開始し、ダイエット目的の方は7mg程度だが症状に応じて医師の指示のもと適宜増減を行う。
  • 服用後、30分は他の薬剤の経口での内服、飲水・飲食は避けること、また本剤の粉砕およびかみ砕いて服用しないこと。
  • 本剤を重複して内服することは避けること。

副作用

  • 便秘や気持ち悪さ(悪心)
  • 食欲減退

製剤写真

リベルサス

詳しい使い方

オゼンピック(週1回注射)

週に1回ご自身で皮下注射をしていただくお薬です。注射の回数が少なく手間が省けます。毎日注射を続けることが難しい方にお勧めです。

【オゼンピックの処方をご希望の方へ】

オゼンピック製造元のnovonordisk社より、オゼンピック製造停止の連絡が来た関係で、今後品薄になることが予想されます。 商品がなくなる可能性があることをご理解の程宜しくお願いします。

また、商品がなくなり次第処方終了となります。

上記に伴い当面の間、オゼンピックに関しましては入荷状況によって処方制限をかけさせて頂く形となりました。
処方制限に関しましては、入荷状況によって異なりますのでご了承ください。
尚、リベルサス・ビクトーザ・サクセンダに関しましては日数制限なく通常通りご注文いただけます。

詳細を確認する(PDF)

販売価格

● オゼンピック お薬代(針・消毒綿付き)
スターター2週間分:0.25mgキット 2本 ¥10,000(税込¥11,000)
スターター1か月(4週間)分:0.25mgキット 4本 ¥18,000(税込¥19,800)
その後の1か月分:0.5mgキット 4本 ¥22,800(税込¥25,080)
1.0mgキット 4本
※オゼンピック0.5mgを2か月以上使用されている患者様で、
効果不十分かつ副作用がない方に限る
¥38,800(税込¥42,680)
●オンラインでご購入の場合
診察料 + クール宅急便郵送料 ¥4,000(税込¥4,400)
●直接ご来院の場合
診察料 ¥1,000(税込¥1,100)

※代引き支払いもしくはクレジットカード支払いは患者様が選択できます。いずれも手数料はかかりません。

用法容量

  • 成人の場合、週1回0.25㎎から開始し、4週間投与した後、週1回0.5㎎に増量する。なお、患者の状態に応じて適宜増減。
  • ダイエット目的の方は0.5mg程度だが、症状に応じて医師の相談のもと増減する。別途針は不要。

副作用

  • 便秘や気持ち悪さ(悪心)
  • 食欲減退

製剤写真

オゼンピック

詳しい使い方

ビクトーザ/サクセンダ(1日1回注射)

1日に1回ご自身で皮下注射をしていただくお薬です。薬剤の増減を調節できるため、効果を丁寧に調整したい方にお勧めです。当院では、ビクトーザとサクセンダの2種類を取り扱っております。

※ビクトーザとサクセンダの違い
サクセンダは肥満症治療薬として開発された為、ビクトーザとは1回の最大投与量が異なります。
ビクトーザは0.3mg刻みで調節、最大1.8mgまで投与可。サクセンダは0.6mg刻みで調節、最大3.0mgまで投与可。なお、ビクトーザとサクセンダは同成分のため、同じ量投与する場合効果に差はありません。総容量は、ともに1本18mgです。

販売価格

●ビクトーザ お薬代(針30本付き・消毒綿付き)
1か月分(1日0.6mg注射した場合):18mg 1本 ¥19,500(税込¥21,450)
●サクセンダ お薬代(針30本付き・消毒綿付き)
1か月分(1日0.6mg注射した場合):18mg 1本 ¥16,000(税込¥17,600)
●オンラインでご購入の場合
診察料 + クール宅急便郵送料 ¥4,000(税込¥4,400)
●直接ご来院の場合
診察料 ¥1,000(税込¥1,100)

※代引き支払いもしくはクレジットカード支払いは患者様が選択できます。いずれも手数料はかかりません。
※針のみ追加をご希望の場合は、14本500円(税込550円)でご購入いただけます。

用法容量

  • 成人には、1日1回朝又は夕に皮下注射する。ただし、1日1回0.3mgから開始し、1週間以上の間隔で0.3mgずつ増量する。なお、患者の状態に応じて適宜増減。
  • ダイエット目的の方は0.6mg程度だが、症状に応じて医師の相談のもと増減する。
  • 投与は可能な限り同じ時刻に行うこと。
  • ビクトーザは0.3mg単位で1.8mgまで、サクセンダは0.6mg単位で3.0mgまで増減可。

副作用

  • 便秘や気持ち悪さ(悪心)
  • 食欲減退

製剤写真

【ビクトーザ】

ビクトーザ

【サクセンダ】

サクセンダ

詳しい使い方

購入方法

当院では、ご来院・オンラインのどちらでもGLP-1をご購入いただけます。
オンライン診察をご希望の患者様は以下のリンクよりお申し込みください。アプリのインストールやシステム使用料は不要です。


【オンライン診療ご利用にあたって】

  • 診察ご希望のお時間を選択いただき、お申し込みください。ご予約いただいた時間枠の間に、当院よりお電話を差し上げます。なお当院の固定電話以外に携帯電話からお電話をすることもございますので、ご了承ください。
  • 1回のオンライン診療で、数か月分をまとめてご購入も可能です。 診察料+郵送料は、1か月分でも数か月分でも変わりはありません。リベルサスは2,000円(税込¥2,200)、オゼンピック、ビクトーザ、サクセンダはクール宅急便のため4,000円(税込¥4,400)です。
  • 副作用が起きた場合でも返品はできませんので、初めての方は1か月分のご購入をお勧めしております。
  • 当院はヤマト運輸の支払いシステムを導入しており、患者様は商品を受け取り時にカード決済もしくは現金での代引きを選択できます。ネット上での振込やカード決済トラブル等がご不安な方も、安心してご購入いただけます。
  • 直接ご来院し受診される場合、オンライン診察料+郵送料はかからず、通常の診察料のみとなります。

よくある質問 Q&A

初診でもオンライン診療は可能ですか?
はい、初診の患者様でもオンライン診療にて電話のみでGLP-1を患者様のご自宅まで郵送可能です。
こちらのオンライン診療予約ページから24時間予約を受け付けております。
オンライン診療をする際にはスマートフォンのアプリのインストールなどは必要ですか?
いいえ、当院のオンライン診療をご利用頂くにあたってアプリのインストールやオンライン診療利用料金などは発生しません。
こちらのオンライン診療予約ページから患者様のスマートフォンまたはパソコンにて簡単にご予約頂くことができ、電話のみでGLP-1処方が可能です。
GLP-1注射をする際に痛みはありますか?
ビクトーザ及びサクセンダは小さいペン型の非常に細い注射針を利用するため痛みは殆どありません。
オゼンピックは薬液の注入量が増え痛みが強いといわれております。
GLP-1注射または内服する時間に決まりはありますか?
リベルサス錠を内服する際には1日1回最初の食事または飲水の前に空腹の状態で飲んでください。
週1回注射(オゼンピック)の場合には、時間の指定は特にありませんが決まった曜日に投与してください。
1日1回注射(サクセンダ・ビクトーザ)の場合には、1日1回朝または夕に投与してください。
GLP-1注射の保管方法は?
使用前は凍結を避け冷蔵庫(2~8℃)に保管して下さい。
当院から患者様へお送りする際にも2~8℃が保てるよう厳密な管理のもとクール便を用いて郵送しております。
週1回の注射をわすれてしまった場合どうすればいい?
次の投与予定日まで2日以上前の場合には、気づいた時点で直ちに1回分を投与し、その後はあらかじめ決められた曜日に投与してください。
次の投与予定日まで2日未満の場合には、忘れた分は投与せず、次の投与予定日に1回分を投与してください。
※倍の量を投与するなど忘れた分の埋め合わせをしないでください。